痛みの原因と対処法|安心して治療を受けるためには信頼できる歯科へ通う

安心して治療を受けるためには信頼できる歯科へ通う

このエントリーをはてなブックマークに追加

痛みの原因と対処法

インプラント

一番後ろに生えてくる歯

親知らずは上下顎の奥に生えてくる一番後ろにある歯を言います。第三大臼歯という呼び名が正式名称となり、全く生えていない人や途中まで生えかけている人などさまざまです。この親知らずは10代後半から20代前半に集中しますが、親知らずがあるがために痛みを伴う場合もしばしばあります。親知らずが生えてくる場所が一番奥ということで、歯磨きがしづらく虫歯や歯周病の原因にもなってしまうのです。また、まっすぐ生えてこない場合も多く、生える過程で隣の歯に支障を与えてしまう場合もあります。そのために抜歯をする必要もあり、こういった抜歯は歯科医院で行われています。抜歯をするかしないかの判断は医師に正しく診てもらい、適切な方法を検討してもらわなければいけません。奥歯が痛む、または歯がしみるなどの知覚過敏が若いときに起こるようであれば、親知らずの可能性も疑われます。抜歯はそのまま歯を抜いていく方法から、歯肉に埋まっている場合はそこを切り開いて抜歯する方法など多様に行われます。親知らずがなくても生活に支障が出る場合はないため、まずは歯科医院で診てもらうようにしましょう。

治療の流れ

親知らずによる歯の痛みは、人によってときどきあらわれる人や常時強く痛む人など症状にも違いがあります。歯が痛むために頬が腫れあがる場合もあり、食べ物が上手く食べれないなどの支障も起こりえます。このような負担から解放されるためには、抜歯が最適な方法です。抜歯をする際は麻酔が使われるので、治療中に強い痛みを感じることはほとんどありません。抜歯後は傷口が丁寧に縫われますが、しばらくは痛みが続いてしまいます。しかし、鎮痛剤を処方してくれるので痛みも緩和できます。抜歯をしてから、数回ほど歯科医院に通い状態を診てもらうことになります。もし出血が続いたり鎮痛剤を服用しても痛みが治まらない場合などは、早めに医師へ伝えていくようにしましょう。その状態に合わせた適切な処置をしてくれるため、負担を我慢する必要はありません。また、抜歯後から回復するまでは食事や歯磨きがしづらくなってきます。そうした支障も歯科医院がアドバイスを行ってくれるので、それに従っていくようにすれば上手く乗り越えていくこともできます。